蕨市長への要望書。

本日、成人式発祥の地として、「近江屋呉服店」「紅屋呉服店」

私し「池田屋呉服店」のそれぞれの代表が民法改正により18歳成人の扱いにより

2022年からの成人式は、どうなるのかと多くのお客様の声を代表して

蕨市、頼高市長に面会を行い現状のまま「20歳の集い」として行えるように

要望書を渡して来ました。現在、高校2年生方から「私達の時は、3世代で行うの?」

「違い時期に行うの?」 などそれぞれの不安な思いを伝えて来ました。

現在、神奈川県逗子市を先頭に、政令都市・京都市も現状のままの20歳で行う事が

決定を致しました。ぜひとも、混乱を避ける意味でも現状の20歳を要望致します。

「尚、民法改正でも「お酒」「タバコ」「ギャンブル」は現状の20歳で変わらない内容になっています。」

(株)池田屋 代表取締役  池田嘉弘

 

ページ
トップ